【FX】FXのマージンコールについて徹底解説!

マージンコールとは?

マージンコールについて解説していきたいとおもいます。

FXのマージンコールの一式はFXのリスク管理には必要不可欠です。

マージンコールとは保有しているポジションを維持するための証拠金が不足していることを知らせてくれる。
FX会社からの通知です。

簡単に言えばあなたは大損する寸前ですという警告とも言えます。

各FX会社が危険信号であるマージンコールの基準とするのは証拠金維持率という指標です。

証拠金維持率は有効証拠金÷必要証拠金の計算式で求めることができます。

有効証拠金は入金している口座資金に含み益、含み損を加算した金額です。

口座資金が100万円含み益が10万円だった場合の有効証拠金は110万円となります。

必要証拠金はトレードの担保となるお金のことです。

レバレッジ25倍のFX会社であれば取引金額の4%が必要証拠金となります

1ドル100円の時にドル円で10万通貨のポジションを建てるなら必要証拠金は100円×10万ドルかける4%で40万円となります。

マージンコールの有無や条件はFX会社によって異なりますが多くのFX会社では証拠金維持率が100%を下回った時にマージンゴールが発生します。

つまり必要証拠金よりも有効証拠金の額が小さくなった時ということです。

マージンコールが発生するとFX会社からメールでその旨が通知され指定する期日までに証拠金維持率を管理改善するように求められます。

では証拠金維持率を100%以上にするにはどうすればいいか解説します。

新規のポジションを立てた際、有効証拠金は必要証拠金よりも大きいのですが相場が意に反した動きをして含み損が拡大し有効証拠金の額が必要証拠金を下回ると
マージンコールが発生します。

前述したとおりマージンコールが発生した場合はFX会社が指定する期日までに証拠金維持率を100%にしなければなりません。

証拠金維持率を上げるためのアプローチは有効証拠金を増やすまたは必要証拠金を減らすの2通りです。

有効証拠金を増やすためには口座に追加の証拠金を入金します。

必要証拠金を減らしたいならば保有しているポジションの一部を決済すれば大丈夫です。

マージンコールが発生した後さらに含み損が膨らむまたは放置してFX会社が指定した期日までに証拠金維持率が改善しなかった場合はFX会社による強制ロスカットが執行されます。

FX会社側では投資家の損失を決済する強制ロスカットはFX会社の意地悪ではなく投資家を守るための仕組みなんです。

この防衛ラインの設定はFX会社によって異なりますが自分がトレードしているFX会社のルールはしっかりと把握してみましょう。

まとめ

傾向として最小ロットが大きめのFX会社は強制ロスカットの基準を緩くする代わりにマージンコールという制度が設けられるっていることが多いです。

逆に最小ロットが小さめの会社はマージンコールの制度を設けずに証拠金維持率が100%を下回った時点でサクッと強制ロスカットがかかる傾向にあります。

あくまで傾向ですのでトレードに利用する講座の基準はご自身で調べて理解しておきましょう。

ということで今回はFXのマージンコールについての解説をさせていただきました。

FXで大損しないためにはマージンコールや強制ロスカットの仕組みを理解するのは必須です。

その上でマージンコールやロスカットがかからない水準でトレードができるように資金管理をしっかりとしていきましょう。

FX,初心者

Posted by GTW