【FX】値動きのパターンについてと相場の基本!!

チャートの形を見て反転のパターンなのか継続のパターンなのかを判断できたらこれからのトレードに活かせるはずです。

チャートっていうのは人々の思考が入りみられた結果が反映されていると言っても過言ではないと思うんですけどだからこそチャート上に特定のパターンとして反映されるものがあると思いませんか?

もちろんそのパターンが出現したら絶対にその方向 a 相場が動いていくっていうことはないんですけど基本的な知識として知っておくことでパターン通りになったらこうしようパターン通りになかったらこうしようっていう感じで今後の展開に構えて臨むことができます。

今回は相場の動きのパターンがわかりやすく説明されている先物市場のテクニカル分析と一部を解説していきたいと思います。

まずは操作またはラウンディングトップとをラウンディングボトムVフォーメーションまたはスパイクの2つを解説してその後に相場継続のパターンについても解説していきたいとおもいます。

1つ目

1つ目のソーサーまたはラウンディングトップとをラウンディングボトムというのは相場に現れる頻度は少ないもののこのパターンが出現したときには相場が反転することが予想されるといったものです。

このソーサーのパターンの形として弧を描くような動きが特徴的なんですけどこれは相場が徐々に勢いをなくして反転していく前触れとなっていて基本的にはゆっくりとした動きをして言って相場の動きが弧を描いていくと同時に取引高にも注目する必要があるんですけどチャート上の動きに加えて取引高も同様に操作を形成していくことが多いというのが重要なポイントなんです。

なぜ重要なのかと言うとこのパターンに限らずトレンドが形成されていくときもそうなんですけど基本的には出来高が伴って初めてその方向へ動く可能性が高いっていうことが言えるからなんです。

要するにチャートの動きに対して売買された数がある程度ついてないとそれは中身のない一時的な動きの可能性が高いっていうことで実体のない動きになっている可能性が非常に高いっていうことなんです。

このを相場のパターンっていうのは必ずしもきれいな形になるとは限らなくて途中の部分で一時的に急騰するっていうこともあるんですけどそこから再び相場が戻って操作のパターンを形成していくっていうことも十分に考えられます。

ですが基本的にはこんなパターンもあるんだくらいに思っておいて、もし相場が相場のパターンを形成したらそれを確認してから逆方向へエントリーを考えるくらいな感じでいいと思います。

以上の事が一つ目のトピックであるソーサーまたはラウンディングトップとラウンディングボトムとなります。

2つ目

次に2つ目のトピックであるvフォーメーションまたはスパイクについて解説していきたいと思うんですけどこのパターンというのは本書でも言われているように他のパターンとは違って突然現れる反転のパターンなので正直確認してからエントリーするのが難しいパターンでもあるんです。

このパターンの特徴としてトレンドが発生していることが基本的な条件になるんですけど一気に上昇していった相場が突然反転しまう時ってあります。

それがまさにスパイクのパターンでもあるんですけど個人的な感覚としては4時間足などで一つのローソク足が急騰した場合に起こることが多いかなっていう印象でもう少し分かりやすく説明するとある程度進んでいるトレンド相場にも関わらずそこからさらに急激な上昇をしたときは要注意ということです。

このパターンは正直トレンドが反転した後に初めてスパイクの形だったっていう判断ができるのでこのパターンになることを信じてエントリーを行うとなるとそれなりに
リスクが伴うのかと思います。

エントリーはあまりお勧めはできないと思うんですけども急騰した先に重要な価格帯の指示抵抗線があるとすればそこから反転する可能性っていうのは高くなると思うので総合的に判断をしてスパイクになる可能性が高いと思う場合だけエントリーを行うっていうことなら良いかもしれないんですがもちろんその場合もトレンドに逆らってエントリーをするっていうことなのでしっかりと損切りの設定をしておかないと損失がすごいことになる可能性もあるので注意が必要です。

以上のことがvフォーメーションまたはスパイクとなります。

そうして最後に継続のパターンについて解説していきたいとおもいます。

継続パターン

継続のパターンの代表的なものとしてトライアングルというものがあります。

トライアングルっていうのはその名の通り相場の動きが徐々に小さくなって三角形の形を作るっていうことなんですけどこのトライアングルには対象上昇を書こうの3種類があります。

対象のトライアングルっていうのはシーメイトリカルトライアングルって言われていて基本的に価格が対照的な三角形を形成していくパターンでこのトライアングルの特徴としては上か下のどちらか一方へのブレークでパターンの感性になるんですけど基本的には継続のパターンなので上昇相場で現れたら上にブレイク下降相場で現れたら下にブレイクというのが基本的な考え方です。

そしてこのパターンが出現したときにエントリーを行うのであればトライアングルを少し超えた部分に売り買いの注文を出してをもしくはブレイクを確認した後の押し目の部分でその方向へエントリーをするっていう感じがいいと個人的には思っていて慎重にエントリーをするならブレイクを確認した後にできた押し目でエントリーをするのが良いのではないでしょうか。

次に上昇下降の継続パターンであるトライアングルアセンディングトライアングルとディフェンディングトライアングルについてです。

これは先ほどのシンメトリカルとは違って上の部分が水平に近い状態なのに対して下の部分が上がっている状態のトライアングルパターンとなります。

このパターンっていうのは見るだけでもう何となくわかると思うんですけど上方向に対して何度も調整をしているっていうことで基本的には強気の動きを示しているというものです。

要するに先ほどのシンレトリカルトライアングルがトレンドの方向に沿って継続していく可能性が高いものに対しアセンエンディングトライアングルディフェンディングトライアングルはそのパターンが出た方向へ進んでいく可能性が高いということです。

この2つのトライアングルに共通して言えることなんですけど必ずしっかりした三角形が確認できるっていうわけではないので中には少しいびつな形がをトライアングルと
なる場合もあるんですけど線の引き方としては基本的に水平線やトレンドラインを引く要領で上が最低2つの高値したが最低2つの安値に合わせて弾くことで確認することができます。

以上の事が継続パターンの解説となります。