【FX】ピラミッティングの考え方!!

損失を少なくして利益を増やすことができればトータルで見てプラスの取引を続けていくことは十分に可能なんですが、実際には負けの取引が多くなってしまう人が多いです。

上がるか下がるか1/2の判断なのに簡単そうに見えて難しいんですけど超率が低くなってしまうのであれば低い勝率で勝ちにいく方法を考えてみるのもひとつの方法です。その方法を確実的に可能にしてくれるのがピラミッティングです。

ピラミッティングっていうのは利益が出ている時に買い増しを行っていくことで利益を劇的に増やしてくれる方法です。

しかし、利益を大きくしてくれる分価格が反転してしまった時に損失も増えてしまうんです。

だからこそ適当にピラミッティングをやってしまうとかえってリスクが高いのは間違いないんですけどどのタイミングで支えましょうするのか、どのくらいのロット数で買いましをするのかっていうことをしっかりと決めて計画的に行っていけばリスクをある程度抑えて使うことができるのも事実なんです。

今回は論理的に考えるピラミッティングの方法について解説していきたいとおもいます。

ピラミッティングとは?

まず論理的に考えるピラミッティング方法を解説していく前にピラミッティングの種類を軽く説明していきたいと思うんですが、ピラミッティングには基本的に3つの種類があってスケールダウン、逆ピラミッドシング、イコールポジションっていう方法があります。

スケールダウンっていうのはエントリーするロット数を下げながら買い増しをしていく方法で逆ピラミッドイングっていうのは名前からも分かる通りエントリーするロット数うを増やしながらエントリーをしていく方法です。

イコールポジションは最初にエントリーをしたロット数と同じ枚数で買い増しをしていくっていう方法になります。

この3つの方法っていうのは単純に買い増しをする時のロット数をどうするのかによって特徴が変わっていきます。

例えば、スケールダウンっていうのは最初にエントリーをしたところから徐々にエントリー枚数を減らしていくっていう感じでリスクを減らしながら利益を少しずつ増やしていくイメージです。

逆ピラミッドイングっていうのはそれとは真逆でリスクもある程度増えていく分利益を大きく伸ばしていくことができます。

イコールポジションっていうのは同じロット数で買い増しを続けていくのでスケールダウンと逆ピラミッドイングの中間に位置するイメージなります。

ピラミッティングには最初に決めた値幅動いたら買うを行っていくっていう感じの方法と相場の動きに合わせて買い増しをしていく流動的な方法の2種類あると思っていてこの3つの方法を使って買い増しをしていくってなると必然的に機械的な方法でで買い増しをしていくっていうことなるんです。

この機械的な方法で買い増しをしていった場合ピラミッティングが成功するパターンとして一定方向に相場が激しく動いたときに限られることが多くてそれはなんでかっていうと少しずつ動きながらトレンドを作っていくときっていうのは多少なりともう上下の動きが伴ってくるのでストップの位置に引っかかりやすいんです。

要するに取引をする時にあらかじめ資金の何パーセントまでの喪失なら耐えられるのかっていうある程度の基準を決めておくのがセオリーだと思うんですけどピラミッティングを使って買い増しをするときも一緒である程度の損失を見ておく必要があるんです。

ここからさらにレンジブレイクを狙って買い増しをしていくとした場合そこから買い増し時に1個目のエントリーの含み益を考えた上でそこからさらに何パーセントのリスクを負って買い増しをしていくのかっていうことです。

この時、仮に一つ目のポジションのストップの位置を切り上げてプラマイゼロの位置に設定したとしてレンジブレイク狙いでの買い増しなのでストップの位置は安値のラインの下に設定したとします。

1つ目のポジションはプラマイゼロなので再び5%のリスクをとってエントリーするのもひとつの手です。

1つ目のポジションのストップをプラス2.5%の位置に引き上げた場合であれば7.5%分の枚数でエントリーをしても最悪5%の損失に抑えることができます。

2.5%分の枚数にしておけばリスクなしでさらに相場を追いかけることができます。

ようは買い増しをするときにその買い増しのポジションが損切りにあったとき全部のポジションの合計で資金の何パーセントまでのリスクに抑えたいかっていうことが大切だということです。

買い増しの枚数っていうのはリスクを取る数字によって左右されていくんです。

まとめ

最後にここまでのことをまとめると利益が乗った時点で一部の利益を守った上で買い増しをしていきたいのかピラミッティングをする時はリスクを少し多めにとって利益を狙って行きたいのか含み益分を考慮して損切りにあってもプラマイゼロになるようにリスクゼロで買え足をしていきたいのか大まかに分け3つのパターンでどれが一番自分に合うのかを考えた上で含み益と相場の流れを考えて買い増しをしていくことが自分に合った最適なピラミッティングをしていくことができるっていうことです。

以上の事が論理値的に考えるピラミッティングとなります。

FX,初心者

Posted by GTW