【FX】プロの資金管理!

資金管理といえば取引を続けていく中で欠かせない要素の一つです。

数ある資金管理方法の中から今回は定率による資金管理の方法を解説していきたいと思います。

まず資金管理の鉄則として勝っている時に投資金額を増やして負けているときに投資金額を減らすという重要なポイントがあることは知っていますか。

単純に考えてみると負けているときに投資金額を増やせばその分負けが加速していってしまって破産してしまう確率が高いっていうことはいうまでもないですが、買っている時っていうのは一つのトレードの中の話なのか過去から未来の資金の増減で決めるのかという部分が少し気になります。

その答えというのが資金管理は基本的に総資産に対して行うもので一つのトレードの中で投資金額を増やしていくのはピラミッティングの役目だと考えていてピラミッティングも資金管理の一部かもしれないんですけど少し異なるんです。

定率っていうのはプロの間で最も使われている資金管理方法の一つで一般的に紹介されている資金管理の一つでもあります。

定率の特徴として一番最初に資金の何パーセントをリスクにさらすのかっていうことを事前に決めておく必要があるんですけどっていうのは

取引枚数=定率×口座残高÷個々のトレードリスクって言ういう感じの計算式になっているので先に資金に対するパーセンテージを決めておかないと計算して取引枚数を出すことが難しいんです。

ちなみに資金に対するパーセンテージイコール定率の部分に入るんですけど仮に口座残高が100万円で資金の2%のリスクだったら許容範囲だなって考えた場合は

取引数=2%×100万円÷個々のトレードリスクこんな感じになるんですけど、この計算式というとここのトレードリスクっていうのはエントリーをするポイントから損切りまでの値のことをいいます。

単純にエントリーから村切れまでの差を求めればいいだけなので特に難しいことはないんですけどここまでのことを全部まとめてみるとこんな感じになります。

計算方法が分かったところで取引ごとに計算するってなると取引枚数もその都度バラバラにやらないって思った人もいると思うんですけど定率は基本的に最初に決めたパーセンテージに損失額を抑えるって言うことが大切なことから仮に取引枚数が増えたとしてもそれはエントリーから損切りまでの位置が短いっていうだけで損失額自体は変わらないので問題はないです。

一番最初に言った買っている時に投資金額を増やして負けているときに投資金額を減らすっていうのは単純に並低率の計算式の資金の部分をどのタイミングで代えて計算するのかっていうことなんですが、買っている時に投資金額を増やす=資金が増えている時っていうことで基本的には資金が一定水準増えたら計算式の資金の部分を変えていくっていう感じです。

一定水準というのはたとえばさっきの例でいくと100万円の資金の時は4ロッドが取引枚数になってました。

この4ロッドっていうのを一つのユニットって考えると分かりやすいんですけどこの例みたいな感じで次にユニットを増やすまでの1ユニット当たりの必要利益が減っていくんです。

もう少し具体的に説明すると1ユニットごとに4万円のを利益を出すことができたと仮定した場合100万円から200万円の時は25回勝つ必要があるんです。

200万円から300万円の時は12.5買いで300万円から400万円の時は8.3買いっていう感じで資金を増やすスピードを上げていくことができるんです。

この考え方こそが資金管理をすべき重要なポイントなんですけど資金管理って聞くとほとんどの人が自分の資金を守るための方法だと思うていてもちろんそれも間違いないんですけど実際には安全に資金効率を上げるための方法でもあるんです。

 

まとめ

最後に定率の細かい部分についても触れていこうと思うんですけど例えばここのトレードリスクが中途半端な数字の場合に計算すると端数が出てくると思うんですが端数が出てきた時には切り下げるかまたは切り上げるのかっていうことも考える必要があって個人的にはそういう場合には必ず切り下げて運用していくのが基本だと思っていて、それはなぜなのかというと利益を増やすことよりも損失を減らすことの方が大切だと思っているからです。

その他には資金が200万円に到達した時8ロットで取引をして損失が出てしまった場合資金が200万円以下になります。

その場合は基本的に計算式を100万円に戻して再計算していくのが基本だと思っていて少しリスクを取って攻めていきたいって考えている人ではレバレッジ資金が150万円までは8ロットで取引をして150万円終わったタイミングで再計算するっていう方法もいいのではないかと思います。

もちろんそれを実際にやるってなるとそれなりのリスクを取っているわけだから必然的に破産確率も上がってしまうので注意が必要なんですけど投資全般において絶対いっていう言葉はないので自分流にアレンジして考えていくことも大切かと思います。

ここまでのことが定率による資金管理の解説になるんですけどしっかりとした資金管理ができていたとしても優位性のない手法を使っていると資金が増えていくっていうことはないので優位性のある手法があってはじめて資金管理が役に立つということとも念頭においていただけたらと思います。

FX,中級者

Posted by GTW